アンチエイジングは、要するに老化防止ということですよね。

今やアンチエイジングは、定着していて、スキンケア商品やグッツ、エステなどたくさん関連グッツがありますよね。
自分が、10代や20代の頃は、40代っておばさんの域に達していて、体型もくずれ、肝っ玉母さんのようになっていて、お肌にはシミやシワができている感じで想像していました。けれど、自分がアラフォーになった今、周りの友達や幼稚園のママさん達を見ているとそんな肝っ玉母さんに会う事はないですね。みんなキレイです。

きっと意識してアンチエイジングをしているわけではないと思いますが、スキンケアにアンチエイジング化粧品を導入したり、コラーゲンを意識して摂取するようにしたり、夜寝る前には必ずフェイスマッサージをしたりと努力はしていると思うんですよ。

老化防止というと医療のように感じて抵抗のある女子は多いと思うんですけど、アンチエイジングだと受け入れられやすいですよね。

関連商品がたくさん発売している中、どれにしようか迷ってしまうけれど、まずは毎日のスキンケアに取り入れることが第一歩ですよね。

ファンケルの洗顔パウダー

先日、届いたファンケルの洗顔パウダーを早速使ってみました。
洗顔パウダーの使い方がよく分からず、まず自分の手の上にとって水を含ませたスポンジで泡立てようと思ったのですが、全然泡が立たず、水を足したらダラダラの泡になってしまって失敗してしまいました。次の日は使い方を変えてみました。まず、スポンジに水を含ませて、その上に直接洗顔パウダーをのせて泡立ててみました。

そしたら、ぶくぶくとキメの細かい泡ができてきました!肌に乗せた感じもとってもやさしくて気持ちいい洗顔パウダーですね。
普通の洗顔料はドロッとした液体で、しっかり泡立てるのって結構大変ですよね。ファンケルの洗顔はパウダーなので、泡立てるのに時間がかかってしまうと思いがちだけど、「はや溶けパウダー」だから、泡立ちは早い!それに加えて専用のスポンジを使うともっと早く泡が立つし、細かくて弾力のある泡ができますよ。

それから、ファンケルの洗顔パウダーには、毛穴を角栓の汚れまで落ちるんですよ。毛穴の汚れは、スクラブ洗顔しかできないと思っていたけれど、スクラブ洗顔は人によっては粒がお肌に刺激を与えてしまうこともありますからね。
泡でしっかり毛穴の汚れを落としてくれるなんてうれしい♪まだ、使っている途中なので、毎日使って使い終わった時のお肌の変化を感じたいですね。美白化粧水も新しいのに変えたし、色々と相乗効果が楽しみです。

うわさの50度洗い

ちょっと最近気になる、、、50度洗い。レタスなどの野菜を50度のお湯で洗うと水で洗うよりもシャキっとなって美味しくなるというものです。
前からぬるま湯の方がいいって聞いたことはあったのですがこれって、魚の干物なんかも生臭さがなくなって美味しくなるんだそうです。
あとお肉とかにも応用がきくみたいなんですよ!!

でも50度って結構高温ですよね。熱いのが苦手な人はゴム手袋をしたり菜箸でやってくださいだそうです。
ちょっとやってみたいけど、温度計で調べながらするのも面倒だなーって思ってました。

でも!!テレビでモニターの主婦の人たちが味を食べ比べしてたら、かなり美味しくなるって言ってたんですよねえ。
これって試してみる価値大じゃないですか。

まずは手っ取り早く、野菜を洗ってみて。そして干物をよく食べる我が家では干物に挑戦してみようと思ってマス。
というのも、私自身が干物の生臭みが苦手なので。。。

これで美味しくなったら我が家のデイリー調理方法に仲間入りです。早速、今日試してみよ。

出会いと結婚

結婚したいけど、彼氏も出来ないっていっている人。実はあまりその気はないのかも!?
選り好みしているとだんだん時間が経ってしまって自分の賞味期限が切れてしまうという可能性もあるんですよね。

確かに高望みしているとなかなか先には進めませんもんね。理想と現実は違うというのを誰もが痛感しているんじゃないかな。

そして婚活しているのにイベントへの参加が少ないとかお見合いをしないという人もなかなか先に進めません。
数をこなしていると、理想と違っても「いいかも」っていいう人にめぐり合える可能性があります。

だからあーだこーだ言う前に行動に移すことって大事なんですね。私の周りでもいますよ~。
出会いがなくてぇとか言ってる子。

そういう子はやっぱり出不精。あっちこっち出かけていると出会いの可能性は無限大に広がっていますから。
コンパとかもバンバン行ってもいいと思うんだけどな。

周りのカップルの出会いのきっかけなんて8割くらいはコンパだもんね。結婚式の馴れ初めでは「友達の紹介」ってキレイな言い方があるもんね。
いいと思うけどなあ。そこで出会って彼の気持ちを巧みに操り!?結婚までいけるっていうのも運命だもんね。